すっぽん小町とアレルギーの関係:注意すべきケース

食品アレルギーを持つ人は特定の成分に対してアレルギー反応がでるため、サプリメントを飲みたいと思っても躊躇する人も多いのではないだろうか?

すっぽん小町は、(株)生活総合サービスが運営する「ていねい通販」が製造・販売を行っているサプリメントだ。すっぽんを丸ごと使用しており、アミノ酸をはじめ、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている。

そこでこの記事では、すっぽん小町はアレルギーがある人が飲んでも大丈夫なのかについて、含まれている成分や、どのようなアレルギーの人に反応してしまうのかを詳しく解説する。

すっぽん小町を試してみたいが、アレルギーがあるので心配、という人はぜひ見て欲しい。

すっぽん小町とアレルギー

記事の内容

  • すっぽん小町とアレルギー体質の人について
  • すっぽん小町に含まれている成分
    アミノ酸
    ビタミン
    鉄・カルシウム・亜鉛などのミネラル
    EPA・DHA
    ゼラチン
  • すっぽん小町に黒酢は含まれていない
    香醋も含まれていない
  • 薬を飲んでいる人は併用して大丈夫?
  • すっぽん小町とアレルギー:注意が必要なケース
    化粧品
    ローヤルゼリー
  • 飲む場合は少量から始めよう
  • すっぽん小町とアレルギーについて総括

すっぽん小町とアレルギー体質の人について

厚生労働省の調べでは、国民の3人に1人が何らかのアレルギーがあることが判明しており、アレルギーがある人の割合は想像以上に多い。

すっぽん小町に含まれている成分の中には、アレルギー反応を起こすものがあるため、その成分にアレルギーがある人は残念ながら使用できない。

まずはすっぽん小町とはどういう商品で、どのような成分が含まれているかを解説しよう。

すっぽん小町とアレルギー:厚生労働省

参照:厚生労働省の資料より

すっぽん小町に含まれている成分

すっぽん小町は、九州の佐賀県産の「はがくれすっぽん」を贅沢に丸ごと使用している。すっぽん小町に含まれている成分にはアレルギーを引き起こす原因になるものもあるが、アレルギー改善に効果的な成分もある。

すっぽん小町には、以下の成分が含まれている。それぞれの成分とアレルギーの関係を解説しよう。

アミノ酸

すっぽん小町には、20種類ものアミノ酸が含まれている。アミノ酸には、体内でつくり出すことができないため食品で摂取する必要がある「必須アミノ酸」と、体内でつくることができる「非必須アミノ酸」がある。

すっぽん小町には、9種類の必須アミノ酸と11種類の非必須アミノ酸が含まれている。すっぽん小町に含まれているアミノ酸は以下のものだ。

  • 必須アミノ酸 非必須アミノ酸
  • ロイシン アルギニン
  • イソロイシン プロリン
  • バリン シスチン
  • メチオニン アラニン
  • ヒスチジン アスパラギン
  • トリプトファン グルタミン酸
  • スレオニン ヒドロキシプロリン
  • フェニルアラニン グリシン
  • リジン セリン
  • チロシン
  • アスパラギン酸

アミノ酸はタンパク質をつくる成分で、皮膚や筋肉をつくるために必要な成分だ。アトピー性皮膚炎を発症する原因は、皮膚や粘膜を外部の刺激から守る「バリア機能」が低下することだといわれている。

アレルギー疾患を改善するためにはバリア機能を高めることが効果的なので、皮膚や粘膜、筋肉などの材料となるタンパク質をつくるアミノ酸は、アレルギー改善に必要な成分なのだ。

とくに必須アミノ酸は食事からでしか摂取できないため、アレルギー体質で食事から十分な量の必須アミノ酸を摂れない場合はサプリメントで補給してもいいだろう。

すっぽん小町とアレルギー:アミノ酸

ビタミン

すっぽん小町には、ビタミンB1、B2、Eが含まれている。ビタミンCやDはアレルギーの症状を改善する働きがあるが、すっぽん小町には含まれていない。

ビタミンB1、B2、Eはアレルギーを改善する効果は期待できないが、アレルギー反応を起こす原因にもならないので、摂取しても心配はないとされている。

ビタミンEは過剰に摂取すると、人によっては皮膚がかゆくなる、むくむ、胃が悪くなる、などの症状を引き起こす場合がある。

過剰摂取をやめればすぐに回復するが、すっぽん小町を指定された量を守って飲めば、ビタミンEの過剰摂取にはならない。

ただし、すっぽん小町以外にも食事でビタミンEを摂取する場合は、食事から摂った量にサプリメントで摂った量が加わる。

すっぽん小町を適量飲んでいても、食事から摂る量が多すぎると過剰摂取になることもあるので、注意が必要だ。

鉄・カルシウム・亜鉛などのミネラル

鉄やカルシウムは、不足するとアレルギーを引き起こしやすくなる。鉄は酸素を全身に運ぶ役割があるので、鉄が不足すると皮膚や粘膜が酸素不足となる。そうなると、皮膚や粘膜が正常につくられにくくなるため、バリア機能が低下してアレルギーの原因となるのだ。

カルシウムは不足すると血中のカルシウム濃度が高くなり、カルシウムが細胞に入り込んで沈着して動脈硬化や高血圧、アルツハイマー病、アレルギーの原因になることが判明している。

亜鉛は免疫に大きく関わっている白血球を増やし、免疫機能を高める働きがある。また、粘膜を健康にする働きがあるビタミンAの作用を高めるという作用もあるため、アレルギーの改善に効果が期待できる成分なのだ。

EPA・DHA

一般的にはEPAやDHAには抗炎症作用があるため、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、慢性皮膚炎、花粉症の改善に効果がある、といわれている。

また、魚アレルギーは魚の筋肉に含まれる「バルブアルブミン」が原因とされているが、バルブアルブミンはEPAやDHAとは関係がない魚油に含まれているので、すっぽん小町でEPAやDHAを摂取しても魚アレルギーはおこならい。

だが、EPAやDHAに含まれる不飽和脂肪酸は、アレルギー疾患の原因になることがあるため、不安な場合は医師に相談することをおすすめする。

すっぽん小町とアレルギー:EPA.DHA

ゼラチン

ゼラチンは、ソフトカプセルの材料として用いられている。以前は「ゼラチンはアレルギーを引き起こさない」と考えられていたが、1994年にゼラチンを含んだワクチンでアレルギーを起こす人が続出し、現在ではアレルギー表示が推奨される成分となっている。

また、すっぽん小町のカプセルには、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、ビタミンEも含まれている。

すっぽん小町に含まれているグリセリンが植物性なのか合成なのかは不明だが、植物性グリセリンは人によっては肌がピリピリするなどのアレルギーを起こす場合がある。

ミツロウはミツバチの巣に使われている成分で、蜂蜜と成分が同じ。ミツバチは花の蜜を集めてくるため、アカシアの花の花粉やそばの花粉から集められている場合はアレルギーの原因となる。

ミツバチの出す分泌液にアレルギーがある場合もあるので、蜂蜜にアレルギーがある場合やゼラチンにアレルギーがある場合は、すっぽん小町の服用は避けることをおすすめする。

すっぽん小町に黒酢は含まれていない

「すっぽん小町」「黒酢」と検索するとずらりとヒットするので、すっぽん小町には黒酢が入っているのか?と思う人もいるようだ。

黒酢はアレルギーを抑える効果があることが近年判明したため、アレルギーがある人の注目を集めている食品だ。

しかし、残念ながらすっぽん小町には「黒酢」は使用されていない。黒酢が使用されている他のすっぽんサプリメントならあるので、すっぽんサプリに黒酢を求める人はそちらを探してみよう。

すっぽん小町とアレルギー:黒酢

香醋も含まれていない

「香醋(こうず)」もすっぽん小町、香醋 と検索するとヒットする。香醋は中国の伝統的な製造方法で作られた酢のことで、もち米を原料としてつくらている。

黒酢にアレルギーを抑える効果が期待できるため、香醋にも同様の効果があるのかと思う人が多いのかもしれないが、香醋の効果にアレルギーを抑える効果は2021年現在のところ判明していない。

すっぽん小町には香醋は含まれていないので、すっぽんサプリと一緒に香醋を摂取したい人は香醋が含まれている他のすっぽんアプリを探すしかない。

薬を飲んでいる人は併用して大丈夫?

サプリメントは薬ではなく食品である。そのため、基本的には薬と一緒に飲んでも大丈夫だといわれている。

だが、薬によってはサプリメントを飲むと、働きが妨げられてしまうものがある。クロレラ含有食品や青汁、セイヨウオトギリソウ、イチョウ葉エキスなどが挙げられる。

すっぽん小町にはこれらの成分は含まれていないが、問題が全くない、と保証はできない。すっぽん小町にも、注意事項の欄に「薬と併用される場合は医師にご相談ください」と明記してある。

薬を飲んでいる人は、飲む前に必ず医師に相談しよう。

すっぽん小町とアレルギー:注意が必要なケース

一口に「アレルギー体質」といってもアレルゲン(アレルギーの原因となる成分)は人それぞれで、いろいろなものがある。

以下の成分にアレルギーがある人が、すっぽん小町を飲めるのかどうかを調べてみた。

化粧品

化粧品アレルギーは、化粧品に含まれている成分にアレルギー反応がでる場合のことを指す。

アレルゲンになる成分は色素や香料などさまざまだが、上記のアミノ酸の項目で解説したようにグリセリンもアレルゲンになることがある。

化粧品にアレルギーがあってもグリセリンが原因ではない場合は、すっぽん小町を飲んでもアレルギーは起きないと予想されるが、心配な場合は念のために飲む前に医師に相談することをおすすめする。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、女王蜂だけが食べることができる栄養価の高い食べものだ。ローヤルゼリーにはアレルギー性鼻炎の症状を緩和する働きがあることが、研究の結果判明している。

だが、ローヤルゼリーに含まれているタンパク質が原因でアレルギーを起こした例もあるので、ローヤルゼリーにアレルギーがある場合は、医師の指示を仰く必要がある。

すっぽん小町とアレルギー:ローヤルゼリー

飲む場合は少量から始めよう

食物アレルギーは、アレルゲンが特定しにくい場合もある。アレルギー体質の人がすっぽん小町を飲むときは、医師に相談することはこれまで示した。

医師から許可がでた場合でも、はじめてすっぽん小町を飲む場合は少量から始め、様子を見ながら少しずつ飲む量を増やすことをおすすめする。

すっぽん小町とアレルギーについて総括

記事のポイントをまとめておこう。

すっぽん小町とアレルギーについて

すっぽん小町に含まれている成分にはアレルギーを改善する効果があるものもある

  • アミノ酸
  • 鉄・カルシウム・亜鉛

アレルゲンになる可能性があるもの

  • EPA・DHA
  • ゼラチン
  • ミツロウ
  • グリセリン

すっぽん小町には黒酢や香醋は含まれていない

薬を飲んでいる人や化粧品、ローヤルゼリーにアレルギーがある場合は飲む前に医師に相談する

アレルギー体質の人がすっぽん小町を飲む場合は、少量から始めて様子を見つつ増やすとよい

>>すっぽん小町の公式サイトへ

▼トップページに戻る
すっぽん小町の副作用を検証するサイト

© 2021 すっぽん小町の副作用を検証するサイト